差し歯とは、虫歯治療などで歯を削っても、天然の歯根が残せた場合に、その部位へ人工の歯を差し込む治療方法です。

残った歯根部分に金属やプラスチックなどを素材とした土台を入れて、被せ物をします。

保険適用内の素材としては、硬質レジンと呼ばれる歯科用プラスチックや金属を組み合わせたものがあります。

歯の色に近い白さの歯科用プラスチックを、丈夫な金属が支えるかたちになります。

様々な治療方法がある差し歯ですが、よりクオリティの高い治療を希望する場合は、保険外のセラミックがあります。

歯科用プラスチックと比べても、非常に自然な白さと透明感があり、天然の歯と見分けがつかない質感が特徴です。

前歯などの目に付きやすい部位では、保険外でもセラミック治療を希望する人は少なくありません。
 
このような保険外治療を行いたい時、おすすめは京都の歯科クリニックで、相場より安い料金で治療を行える場合もあります。

格安・激安の歯医者というと、安いけれど品質が悪いのではないかと疑う人もいますが、京都の歯科クリニックが安いのにはきちんとした理由があります。

素材を一度に大量することで材料費を抑えたり、差し歯などの技工物を作るためのラボを近くに用意し、費用のかかる外注を減らすことでコストを削減するなどの工夫が行われているからです。